以前にご紹介しましたが、プラモ制作の助っ人として「オーム電機のL-ZOOM ルーペ付きLEDアームライト」を使っています。

ルーペライトスタンド OAL-L8066-W

なかなか重宝しているのですが、唯一「レンズカバーが邪魔」という問題がありました。

このルーペライトは、レンズによって光が一点に集中して発生する「収れん火災」になってしまわないよう、使わないときにはカバーを閉じておくことができるようになっています。

この辺はさすが日本企業ならではの気配りなんですが、ルーペを覗き込むときにこのカバーがちょっと邪魔になります。

ルーペライトスタンド OAL-L8066-W

 

「ちょっと邪魔」っていう程度なんですが、細かい作業をしているときにはストレスになりますのでカバーを取り外しててみることにしました。

僕のプラモ部屋は北向きで作業机の前にある窓も北向き。

昼間も薄暗い位置なので、直射日光による「収れん火災」を気にする必要はありません。

つまり、カバーは要らないと判断したんです。

 

実際にレンズカバーを取り外して見ます。

どうやってはずすんだろう?

いろいろ考えて、とりあえず、LEDライト周辺にあるビスをはずしてこんな状態にしてみました。

ルーペライトスタンド OAL-L8066-W

 

でも、下側からだとレンズカバーの付け根にアクセスできません。

このやり方は違うんだな・・・じゃあどうやって外すんだ?

ルーペライトスタンド OAL-L8066-W

悩んだ挙句、力技が正解だということがわかりました。

レンズカバーの付け根をグッと押し込むと少し隙間ができるので、その隙間からグリグリ、ガッっと外す。

 

これで外れました。

ルーペライトスタンド OAL-L8066-W

すっきりしましたね。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0
プラモデルブログ人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村