次に作るモデルは、タミヤ1/24ポルシェ956にしました。

以前に書いたとおり、僕はポルシェ956が大好きなのです。

ご存知ポルシェ956は、1980年代にル・マン24時間レースなどで輝かしい成績を残した名車です。

タミヤ1/24ポルシェ956ロスマンズカラーを入手

プラモデルキットとしては、以前にタミヤから1/24ポルシェ956 1983ルマン優勝モデル(ロスマンズカラー)が発売されていました。

でも、もう店頭には並んでいません。タバコスポンサーの車は再販は難しいんですかねえ。

タミヤのポルシェ956はロスマンズカラーのほか、ケンウッド、キャノン、ニューマンカラーも発売されていました。

これらはデカールが違う程度でパーツ構成はほぼ同じだと思います。

ですが、僕としてはロスマンズカラーの色指定が知りたかったので古いキットでしたが、ロスマンズカラーのモデルをオークションで落札しました。

タミヤ1/24ポルシェ956

タミヤ1/24ポルシェ956

タミヤ1/24ポルシェ956

いわゆる、小鹿タミヤですね。

Studio27のポルシェ956 1982年ル・マン優勝モデルのデカール

僕が作ろうとしているのは、1982年ル・マン優勝モデル。

ですが、タミヤのこのポルシェ956は1983年優勝モデルなのです。

82と83ではデカールのグラフィックが違います(他にも違いはあるでしょうが・・・)。

僕は82のグラフィックが好きなのです。

そもそも、キット付属の83年デカールは色あせしており、使い物になりません。

タミヤ1/24ポルシェ956

 

なので、Studio27の82年モデルのデカールを別に購入しました。カルトグラフ製なんですね!

studio27 ポルシェ956 82

studio27 ポルシェ956 82

これは新品です。

エッチングパーツはジャンク品から…

さらに、ディテールアップのため、エッチングパーツも用意しました。

この写真なんですが・・・。

タミヤ1/24ポルシェ956

 

実は、タミヤのケンウッドカラーのポルシェ956の「作りかけ」のものを送料程度の価格で入手しまして。。。

タミヤ1/24ポルシェ956

これ、フロントウィンドウが曇っていたり、ボディーにいきなりクリアをドバドバ吹いたせいかデカールが溶けてしまったりと、修復が困難なジャンク状態なのですが、エッチングパーツが付属しているんですね。

点検したら、エッチングパーツは全部揃っていました!

車体に装着済みのものもありますが、剥がして使ってみようと思っています。

エンジン部分は出来上がっているようです。

「これ流用しようかな」と思いましたが、プラモは作る喜びも大切なので、これはあくまで参考としたいと思います(実際、参考になる)。

 

これでキット、デカール、エッチングパーツが揃いました。

いよいよ憧れの車を作ることができます。上手くできるんでしょうか。

でも楽しみです!

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0
プラモデルブログ人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村