タミヤ1/35 ドイツIV号戦車F型 その5

プラモデル製作

タミヤの1/35ドイツIV号戦車F型制作の続きです。

これ、履帯って呼ぶんですよね。キャタピラってのは商品名で云々・・・絆創膏とバンドエイドみたいな感じですかね。

治具の上にのせて接着していきます。治具もプラパーツなので、流し込みセメントでくっつかないよう、マスキングテープを敷いて作業しました。

タミヤ1/35 ドイツIV号戦車F型

タミヤアクリル塗料のダークアイアン(履帯色)で塗装をしました。細かな部品が多いので無くさないように気を付けながらの作業です。

タミヤ1/35 ドイツIV号戦車F型

さて、車体をジャーマングレイで塗装しました。タミヤアクリル塗料の艶消し色は思いっきりつや消しですよね。ザラリとするマット感。

続いてこれ。なんでしょうかね。牽引用のワイヤーでしょうか。これを塗装します。柔らかな紐なのでマステで固定して筆塗りします。

タミヤ1/35 ドイツIV号戦車F型

これは、牽引用のワイヤーを縛っておくワイヤー。金属線です。これも塗装しますが、金属パーツにはメタルプライマーを塗っておくと塗装の食いつきがよくなるそうです。

タミヤ1/35 ドイツIV号戦車F型
Amazon.co.jp: メタルプライマー: ホビー
ホビー の優れたセレクションでオンラインショッピング。

牽引用のワイヤーを車体に取り付けてみましたよ。どうでしょう。グラグラするのでフックとワイヤーの接点は瞬間接着剤で止めてあります。

タミヤ1/35 ドイツIV号戦車F型

今日はここまで。

これ作っています。

タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.374 ドイツ IV号戦車 F型 プラモデル 35374
IV号戦車F型の1/35スケール、プラスチックモデル組み立てキット。 全長168mm、全幅82mm。 平面構成の車体に短砲身の主砲を備えた精悍な姿を実感豊かに再現。 防御力を高めた装甲の接合部に施された溶接模様や幅広の履帯など、F型の特徴をとらえてモデル化。 エンジンデッキ上のハッチは熱帯地用ルーバーの有無が選択可能。...

コメント