塗装するときに、パーツが転がらないように、そして手が汚れないようにパーツを何かに固定してから塗った方がいいですよね。

僕のやり方は、エアブラシで塗装するときには写真のように、割り箸に両面テープでパーツを貼り付ける方法でした。

タミヤ1/12カワサキGPZ400R

この方法だと、

  • 箸で隠れてしまう部分には塗料が届かない。
  • 複雑な形状のパーツは箸に上手に固定できず、エアブラシの風で剥がれ落ちてしまう。

洗濯ばさみを使うこともありますが、はさめるパーツは限られてしまうし、パーツが外れてがすっ飛んでしまったことがありました。

パーツ探しが大変で・・・

筆塗りの場合は、手持ちで塗ることもありますが複雑な形状のパーツだと塗り難いです。

せっかく塗ったのに、手で汚してしまったりすることが多いんですね。

 

こうやって不便に感じるってことは僕のやり方が悪いんですよね。確実に。

プラモ系のブログを見ていると、いろいろな方法があるみたいです。

市販のサポートツールを使っている人もいますが、目玉クリップを使っている人が多いような気がします。

僕も真似をして目玉クリップを使ってみることにします。

 

目玉クリップ

今日、文具店でコクヨの目玉クリップを買ってきました。

口幅30mmと39mmのものです。

これくらいあれば十分でしょう。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0
プラモデルブログ人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村